2010-06-11

MS-Office2010の署名レベル設定ツール Ofs2010Setupper 公開  [by miyachi]

[2010-06-18] Ver1.01が公開されました

MS-Office2010ではデジタル署名としてこれまでのXML署名(XML-DSig)では無く、長期署名のXAdESが使われるようになりました。しかしながらまだ未成熟な部分もあるようで、署名レベルの変更は一般向けでは無くレジストリ変更によって指定されます。レジストリの変更は面倒であり間違いやすいので、簡単に署名レベルの変更が出来るツールとして Ofs2010Setupper を作りましたので公開します。

 File : Ofs2010Setupper_v100.zip
 SIZE : 154,314 Bytes
 SHA-1 Hex : 89e905d1b9cc85fe01a838aa15b88ca4b2b0aed3
 SHA-1 Base64 : iekF0bnMhf4BqDiqFbiMpLKwrtM=

ただしレジストリの変更をすると言うことは色々なリスクがありますし、そもそもあまり変更して欲しく無いのだと思います。ご利用はあくまで長期署名のテスト目的であり自己責任と言うことでお願いします。さて使い方ですが、



通常はXAdESLevelとTSALocationの変更だけでテスト目的なら充分だと思います。TSALocationはRFC3161標準準拠のみで認証が必要となる商用タイムスタンプ局は使えませんのでご注意下さい。利用環境等に関しては Readme.txt をご覧下さい。

それではMicrosoft初の長期署名機能をお楽しみ下さい!

2010-06-11 20:25:14 - miyachi - [公開活動] - この投稿をtweetする!

コメント一覧

kjur のコメント

miyachiさん、こんにちは kjur です。

有用なツールありがとうございます。
早速試してみました。

TSA Locationで長いURLに対応していないようで、途中で切れてしまうようです。

お時間ある時、みて頂けるとうれしいです。

ではでは
2010-06-18 16:27:38

miyachi のコメント

kjurさん、ご報告ありがとうございました。
確かに入力領域の幅を超える長いURLはドロップリストだと入力できないようです。
この部分をエディタにしてみましたのでアップします。以下投稿です。
http://www.langedge.jp/blog...
2010-06-18 18:49:11

コメントを書く


:

: "LangEdge" と入力
:
:

DISALLOWED (TrackBack)