2018-12-05

商業登記証明書に英語法人名を使う  [by miyachi]

だいたい11月後半で商業登記証明書のルート証明書が更新されます。更新されると古い商業登記証明書では「有効期間内」でもAdobe Reader/Acrobatの検証結果が「不明(INDETERMINATE)」になってしまいます。これを運用で避ける為に毎年11月末か12月初旬に商業登記証明書を更新しています。あまり電子署名に詳しく無い方の場合には「商業登記証明書は毎年12月に取得する」ことをお勧めします。有効期間も24ヵ月あっても無駄になるので15ヵ月で良いと思います。今年も本日更新の申請に行ってきました。

閑話休題。商業登記証明書は当然商業登記の内容を証明してくれるものですが、現在商業登記では日本名や住所しか登録していません。商業登記証明書には「商号又は名称の表音・略称等」と言うオプションの登録項目があります。過去にそこに弊社英名「LangEdge,Inc.」を書いて申請したら「ここはローマ字で表音を書く欄だから不可」と言われてショボーンとしたものでした。しかし今年になって法務省の担当者とお話をする機会がありこの件を聞いたところ「いやそこには英語社名を書いて構いません。むしろ書くべきです。」と言われました。

そこで今年は申請時に英語社名で申請をしてみました。しかし「商号又は名称の表音・略称等」に英語法人名を使うには以下の提出物が必要と言われました。

 1) 英語法人名が書かれている定款の全ページコピー
 2) コピーの先頭ページに代表が一筆(※)と署名押印する

 ※ 「この定款は○○社のものと認める」みたいな一筆とのこと

まあ確かに商業登記には英語法人名と言う登録項目は無いので別の手段で確認が必要と言うことは分かります。と言うことで今年は英語法人名の登録に失敗しましたが、もしこれから申請される方がいらっしゃいましたら是非トライして結果を教えて頂けるとありがたいです。弊社は来年またチャレンジしたいと思います。

そもそも国際化の時代に商業登記内容に英語名が無いことが問題ですよね。この辺り改善して行かないと世界に通用しないのではないでしょうか。って久しぶりにまともな内容のブログでしたw もっと更新しなきゃなぁ…
2018-12-05 16:52:11 - miyachi - コメントを書く - [PKI/暗号] - この投稿をtweetする!

2018-11-26

LE:PAdES:Lib V1.06.R1リリース  [by miyachi]

「PDF長期署名ライブラリLE:PAdES:Lib」と「PDF基本署名ライブラリLE:PAdES-Basic:Lib」がバージョンアップして、V1.06.R1 となりました。追加された新機能や修正等は以下となります。

新機能:

1)クライアント署名V2をサポート
 → CAdES署名が可能(V1ではPKCS7.SHA)
 → 1つのプラグインでPAdES/XAdESに対応可能
 → クライアント署名V2用のAPIの追加
 ※ ASP/OEMは別途クライアント署名ライセンスが必要
 ※ 引き続き従来のクライアント署名V1も利用可能
 マニュアル「7. クライアント署名(Ver2)」参照

2)署名外観に透過PNG画像が使えるようになった
 → 透過部をマスクして背景が抜ける印影が可能
 → PNGからビットマップ化するので画像劣化しない
 マニュアル「3.4. 署名外観」参照

3)PDF解析機能の新規追加
 → 検証では無くPDF内部構造をXML形式で出力する機能
 → PDF解析結果XMLレポート用LpaParseXmlクラスの追加
 → PDFに関する基本/署名/画像の情報の取得
 1 基本:タイトルや作成者等のPDFプロパティ情報
 2 署名:署名/タイムスタンプに関連するPKI/PAdES情報
 3 画像:各ページに含まれる画像情報(オプション)
 ※ 画像情報はDPI等も取得可能(埋め込み情報/計算)
 マニュアル「9. PDF解析結果XML」参照

4)CAdES署名にてAdobe仕様の失効情報の埋め込み対応
 → 署名前取得CRL/OCSPの署名データへの埋め込み
 → 検証時にもAdobe仕様の埋め込み失効情報に対応
 ※ 注意事項が多い為に本機能の利用時には要相談
 マニュアル「3.7. Adobe 仕様の失効情報」参照

5)CAdES署名時のHSM対応APIの追加
 → CAdES署名対象のハッシュ値の取得等のAPI追加
 ※ リモート署名への対応が可能
 マニュアル「4.10. HSM」参照

6)検証時のCRL優先/OCSP優先の指定を可能
 → 従来はOCSP優先のみだったが選択が可能になった
 ※ デフォルトがOCSP優先からCRL優先に変更された
 マニュアル「4.9. 失効情報取得の高度な指定 1)」参照

7)LePKIインスタンスにCRL/OCSPキャッシュ化が可能
 → 同じインスタンスで検証することで高速化が可能
 → 取得CRL/OCSPをメモリ上独自証明書ストアに格納
 マニュアル「4.9. 失効情報取得の高度な指定 2)」参照

8)LE独自検証プロキシサーバのサポート
 → 失効検証時の外部接続URLを1つにすることが可能
 → 独自検証プロキシサーバはLE独自仕様
 → Tomcat用のサーバサンプルの提供
 マニュアル:「4.9. 失効情報取得の高度な指定 3)」参照

9)OCSPURL未設定証明書でOCSPURLを外部指定可能
 → 証明書未記載でもOCSPをサポート時に利用可能

修正項目:

A)検証時の優先をOCSP優先からCRL優先に変更
 → オプション指定で従来通りOCSP優先も可能
 → 有効期間が短いOCSPが増えてきた為に変更

B)マイナンバーカードへの対応
 → 住基カードは未サポートに変更

C)可視署名時に署名外観(画像/TEXT)無しを許した
 → 別途画像を埋め込んだ署名に対応

D)JAVA APIの障害修正
 → Windows版LpkCadesのネイティブ部の障害修正
 → LpkCert.getCrlDps()実装不足の追加
 → Linuxで大量署名フィールドがある時の障害修正

E).NET APIの障害修正
 → PdaVerifyXml::getReport()引数englishの障害
 → スレッド時のタイムスタンプ処理問題を修正

F)他社PDFファイルとの互換性向上
 → 読み込み時にエラーになっていたPDFへの対応

G)その他細かな障害対応
 → XMPのUTFの問題やメタデータ暗号化の問題の修正
 → 特定のケース/利用方法で発生する障害等への対応

H)試験(サンプル実行)用の独自証明書類の更新
 → 期限切れにともなう更新

I)アマノタイムスタンプサービス3161の更新
 → ライセンスファイル形式更新への対応
 ※ LE:PADES:Lib Ver1.05.R1e で対応済みの項目

「PDF長期署名ライブラリLE:PAdES:Lib」について詳しくはアンテナハウスのページをご覧ください。評価版もご用意しておりますのでご興味があればアンテナハウスよりお申込みください。アンテナハウスのサイトにおいても間もなく本バージョンのリリース案内が出る予定です。また既存のお客様にも間もなくダウンロードのご連絡を差し上げますが、お急ぎの場合には保守担当窓口までご連絡ください。

2018-11-26 17:57:01 - miyachi - コメントを書く - [製品情報] - この投稿をtweetする!

2018-04-17

試験認証局リポジトリの更新と公開  [by miyachi]

ラング・エッジの電子署名製品試験用の試験認証局リポジトリを更新して公開しました。

 試験認証局リポジトリ

製品には試験用に従来から試験用のタイムスタンプサービスや署名用証明書を提供していました。月日が経つのは早いもので、最初に用意していたルート証明書の有効期限が今月20日に終了します。そこで新たにルート証明書を更新しました。これに伴いラング・エッジがフリーで提供しているタイムスタンプサービスのTSA証明書とルート証明書も更新されましたのでご注意ください。

また製品のサンプル実行を行う場合にも証明書の入れ替えが必要となります。ラング・エッジの電子署名製品とその評価版をご利用の場合には以下のファイルをダウンロードして入れ替えてお使いください。

 LE製品サンプル更新ファイル

詳しくは試験認証局リポジトリをご覧ください。お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。
2018-04-17 17:05:08 - miyachi - コメントを書く - [製品情報] - この投稿をtweetする!

2018-01-05

本年もよろしくお願い致します  [by miyachi]

NewYear2018
明けましておめでとうございます。2018年ですね。皆様のおかげで昨年も無事に乗り越えることができました。まずはこの場でお礼を申し上げます。ありがとうございました!

さて今年の年賀画像は量子コンピュータからRSA暗号を解く為のショアのアルゴリズムを量子ゲートで表した量子回路図です。量子ゲート型の量子コンピュータではこれがプログラミングとなります。これがあればすぐにRSA暗号が解けてしまい電子署名が通用しなくなる~!と言うことはありませんのでご安心ください。アルゴリズム…つまりソフトウェア的には解けるのですが、何せハードとして数万単位の量子ゲートが無いと実用にはなりません。あと10年くらいは楽勝で大丈夫でしょう。とは言え将来を見据えて耐量子コンピュータの暗号も米国NISTでは準備が始まっています。以下にエントリーしている中から次世代の公開鍵暗号も決まるのだろうと言われています。

NIST: Post-Quantum Cryptography, Round 1 Submissions

と言うような新しいこともやりつつ、今年も本業の電子署名系のお仕事やクラブ活動を頑張ります!今年はJNSA電子署名WGだけでは無く新団体JT2A(日本トラストテクノロジー協議会)の活動も重要になりそうです。きっと今年も貧乏暇無しだと思いますが、あきれずおつきあいください。それでは今年もよろしくお願い致します!
2018-01-05 18:50:34 - miyachi - コメントを書く - [業務連絡] - この投稿をtweetする!

2017-12-02

年末年始休業のお知らせ  [by miyachi]

ラング・エッジは2017年12月29日(金)より2018年1月4日(木)まで年末年始の休暇とさせていただきます。新年は1月5日(金)より通常業務となります。休業期間中におきましてもメールをチェックしておりますので、もし何かありましたらメールにてご連絡ください。

以上よろしくお願い致します
2017-12-02 12:16:45 - miyachi - コメントを書く - [業務連絡] - この投稿をtweetする!

2017-09-20

JNSA Press Vol.44 に寄稿しました  [by miyachi]

弊社も参加しているJNSAが年2回出している会報誌「JNSA Press」Vol.44が公開されました。「トラストセキュリティの概要と最近の話題」直PDF)を寄稿して掲載されています。電子署名を含むトラストの仕組みをトラストセキュリティとして考え方をまとめて、更に最近の話題を簡単にまとめた内容となっています。トラストセキュリティは法律・技術・基盤の3つに分類して適用分野毎に検討する考え方となります。電子署名等のトラストサービスにご興味があればご笑読くださいm(_ _)m
2017-09-20 12:20:22 - miyachi - コメントを書く - [業務連絡] - この投稿をtweetする!

2017-04-02

RasPi - 第2回:Amazonで買えるミニLCDの選択  [by miyachi]

第1回ではRaspbianのインストールからsshでのログイン環境までまとめましたが、HDMI接続のモニターを利用していました。でも小さいRasPiに大きなモニターやTVを接続して利用するのも勿体ない気がしますし、組み込みを考えると小さなモニターが欲しくなりますよね?私もロボットへの組み込みを考えているので3~7インチ程度のLCDモニターを色々買って試してみました。ほとんどAmazonで買っています。

ちょっと試しにAmazonでキーワード「raspberry pi LCD」検索してみると、775件がヒットします。まぁ色々あるものですねw 今回はそのうち4種類についてまとめます。ちなみにRasPiへのLCD接続方法は大きく分けて以下の3種類があります。

 タイプA)HDMI接続のLCDモニター(標準)
 タイプB)GPIO接続のLCDモニター(独自)
 タイプC)DSI接続のLCDモニター(公式)


困ったことにそれぞれ一長一短があります。つまりどれを選ぶのかは用途や好みの問題となります。私が買ったのは以下の4つです。金額は今日現在のもの。いずれもタッチ対応のLCDモニターです。

 1)7インチLCD:RasPi公式:DSI接続:静電容量式:10,200円
 2)5インチLCD:cocopar:HDMI接続:感圧式:5,800円
 3)4インチLCD:cocopar:GPIO接続:感圧式:2,999円
 4)3.5インチLCD:OSOYOO:HDMI接続:感圧式:2,980円


では順番に見ていきます。 [続きを読む]
2017-04-02 00:00:28 - miyachi - コメントを書く - [プログラミング] - この投稿をtweetする!

2017-04-01

RasPi - 第1回:Raspbianのセットアップ手順  [by miyachi]

Raspberry Pi(以後、RasPi)は皆様ご存じのようにIoT向けの小さなLinux環境を提供するミニPCです。LinuxはDebianベースのRaspbian(使い方はほぼDebian)ですが、IoT向けと言うことで色々拡張することが多くセットアップやLCD選択も一筋縄では行きません。と言うことで以下までのノウハウを残しておこうと言うことでとりま4回を予定しています。なおRaspbianのバージョンは現時点での最新である、2.1~2.3で動作確認した結果となります。また動作確認したRasPiは、RasPi 3/RasPi 2B/RasPi Zeroの3種類です。

 第1回:Raspbianのセットアップ手順
 第2回:Amazonで買えるミニLCDの選択
 第3回:RasPiでRails動作とFireWall設定
 第4回:RasPiのI2Cでサーボモーターを動かす


では第1回と言うことで、Raspbianをインストールしてsshでリモートログインするまでを以下簡単にまとめます。 [続きを読む]
2017-04-01 14:04:44 - miyachi - コメントを書く - [プログラミング] - この投稿をtweetする!

2017-02-27

電子署名のSHA-1衝突(SHAttered)問題への対応  [by miyachi]

SHA-1ハッシュアルゴリズムの危殆化はずいぶん前から叫ばれてきましたが、とうとうSHA-1衝突問題(SHAtteredと呼ばれる)が、2月23日にGoogleとオランダのCWI研究から公開されました。ここではハッシュ値が同じで異なるPDFファイルも公開されており、90日後に手法を公開すると予告されました。

比較的詳しいニュースとしてはGigaZineで、参考になるスライドがサイボウズの社内勉強会のスライドとして公開されています。詳しくはこちらをご覧ください。

GigaZine:
Googleがハッシュ関数「SHA-1」を破ることに成功、90日後に手法を公開予定

サイボウズの暗号とセキュリティ社内勉強会用スライド:
GoogleのSHA-1のはなし

ここではSHAttered問題の解説では無く、特にドキュメントやデータに対する電子署名についての状況と考えられる対応を簡単にまとめます。
[続きを読む]
2017-02-27 15:44:24 - miyachi - コメントを書く - [PKI/暗号] - この投稿をtweetする!

2017-01-10

.NETFramework,Version=v4.0.AssemblyAttributes.cpp 問題  [by miyachi]

Visual Studio 2012以降で、.NETを使ったC++/CLIでXmlDocumentクラスを使った場合に実行時に以下のようなエラーになる事があります。

 「'System.Xml.BinaryCompatibility' のタイプ初期化子が例外」
 「'System.Uri' のタイプ初期化子が例外」

最初はWindows 8.1とWindows Server 2012だけの現象かと考えていましたが違いました。Visual Studio 2012以降に、C++/CLIを使った時に生じる問題でした。OSは無関係です。かなり悩んだのできっと同じ道を辿る方の為に原因と対処方法をまとめます。ちなみにこの解決方法は「ここ」で知りました。感謝感謝です! [続きを読む]
2017-01-10 21:53:51 - miyachi - コメントを書く - [プログラミング] - この投稿をtweetする!

2017-01-06

本年もよろしくお願い致します  [by miyachi]

あけましておmでとうございます。ラング・エッジは昨日から業務開始をしていましたが月初のバタバタでご挨拶が今になってしまいました(^^; ま…まぁ忙しいのは良いことですね!

昨年は皆様のおかげで本当に良い年になりました。その反面仕事に追われ続けてしまい本業とクラブ活動がやっと…と言うありがたい状況でした。今年は少しは趣味的なIoT等もやりたいと考えていますがどうなりますやらw 既に仕事に追われていると言う噂も…orz

それはさて置き、本業の電子署名の業界はじわりじわりとですが普及期に入りつつあるように感じています。爆発的…ではなく電子化が必要または電子化による効率化を図りたいと言うお客様から徐々に電子署名の検討を始めているようです。メインは電子契約や社内文書(電帳法対応文書)の電子化ですが、今年はヘルスケア等の業界でも検討や試験が進みそうです。

自社製品的には、LE:XAdES:Libもバージョンアップしたいですし、クライアント署名の仕組みもリニューアルしたいところです。あ、ちなみにクライアント署名の仕組みは昨年秋に特許出願してみました。それで儲けようと言うよりも公知にしようと言う目的です。世の中はサーバ署名(リモート署名)の方が注目されていますが、クライアント側での署名もまだまだ必要だと考えています。

電子署名やドキュメント系以外にも、バズワードですがAI・IoT・クラウド活用も頑張って勉強したいと考えています。また今年はブログでも技術ネタを出せるように頑張ります。と言う感じですが、どうぞ本年もよろしくお願い致します!
2017-01-06 16:25:07 - miyachi - コメントを書く - [業務連絡] - この投稿をtweetする!

2017-01-02

Bootcampのキー設定  [by miyachi]

明けましておめでとうございます。昨年はブログの方は業務連絡ばかりでいつものように反省しています(^^; 昨年末にMacBook Proのタッチバー無しをゲットして冬休み中にセットアップしていました。で最近はBootcampのキー設定の方法を変更したので備忘録として簡単にまとめておきます。

まずBootcampのキー設定で何が問題かと言えば、IMEのオン・オフ切り替えを「Command」+「Space」キーでしたいと言う点でしょうか。Bootcampのデフォルトでは「Command」キーは、「Windows」キーに割り当てられています。

従来はこの辺りの切り替えには専用のアドオンを使うのが一般的でした。「KbdApple」や有償の「AppleK」辺りですね。「AppleK」は有償だけに機能も充実していますしベストですが…やはり有償だと台数が多いとめんどいですw (ちなみに現在5台MacBook系を保有<バカ) 無償の「KbdApple」は64bit非対応だしちょっとタイムラグがあって少しイライラします。あと常駐させるのもできれば避けたいですよね。

つーことで最近はシンプルに「Command」+「Space」キーでIMEのオン・オフ切り替えが出来るだけでOKにしています。以下そのやり方です。 [続きを読む]
2017-01-02 17:21:49 - miyachi - コメントを書く - [CG/MAC] - この投稿をtweetする!

2016-12-22

年末年始休業のお知らせ  [by miyachi]

ラング・エッジは2016年12月29日(木)より2017年1月4日(水)まで年末年始の休暇とさせていただきます。新年は1月5日(木)より通常業務となります。休業期間中におきましてもメールをチェックしておりますので、もし何かありましたらメールにてご連絡ください。

以上よろしくお願い致します。
2016-12-22 15:31:45 - miyachi - コメントを書く - [業務連絡] - この投稿をtweetする!

2016-12-21

LE:PAdES:Lib V1.05.R1リリース  [by miyachi]

「PDF長期署名ライブラリLE:PAdES:Lib」と「PDF基本署名ライブラリLE:PAdES-Basic:Lib」がバージョンアップして、V1.05.R1 となりました。追加された機能や修正等は以下となります。

 1)Windows版にて.NETのAPIの正式提供開始
 2)Windows版の対応開発環境の追加(従来VS2010のみ)
   → VS2010/VS2012/VS2013/VS2015への対応
   → VS2010版が基本ですが別途VS2015版もバイナリ提供
   → VS2005はMSサポート切れの為にサポート終了
 3)Javaの開発環境からJava1.6のサポート終了
 4)OpenSSLのv1.0.1系からv1.0.2系への移行
   → v1.0.1系が2016年12月末にてメンテナンス終了の為
 5)GPKI/LGPKIの証明書検証サーバ(CVS)への対応
 6)PDFプロパティの取得と追加のAPIへの対応
 7)LE:PAdES-Basic:LibでもCAdESが利用可能になった
   → 制限が1つ解除され PAdES-Enhanced も利用可能
 8)その他細かな修正

今回のバージョンアップでは「PDF基本署名ライブラリLE:PAdES-Basic:Lib」の制限を1つ撤廃しました。これは出来るだけ新しい仕様をご提供したいと言う目的です。これで「PDF長期署名ライブラリLE:PAdES:Lib」と「PDF基本署名ライブラリLE:PAdES-Basic:Lib」の違いは「長期保管への対応」の有無のみとなります。

またWindows版に関しては兼ねてよりご要望が多かったVisual Studio各バージョンへ対応しました。ただしVisual Studio 2005はマイクロソフト社のサポート終了につき非サポートとなりましたのでご注意ください。

「PDF長期署名ライブラリLE:PAdES:Lib」について詳しくはアンテナハウスのページをご覧ください。評価版もご用意しておりますのでご興味があればアンテナハウスよりお申込みください。アンテナハウスのサイトにおいても間もなく本バージョンのリリース案内が出る予定です。

2016-12-21 18:45:06 - miyachi - コメントを書く - [製品情報] - この投稿をtweetする!

2016-10-06

JNSA電子署名WG秋祭り、オクトーバーフェスト!  [by miyachi]

私がリーダーをしているJNSA電子署名WGのスキルアップTFで26日に勉強会イベントを開催します!

■タイトル:
 JNSA電子署名WG秋祭り、オクトーバーフェスト!
 ライトニングトーク(LT)祭り!
■日 時:
 2016年10月26日(水) 18:30~21:00 (18:00開場予定)
■主 催:
 NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)電子署名WG
■場 所:
 南部労政会館 第5会議室(ゲートシティ大崎 ウエストタワー2階)
■参加申込:
 connpassイベントにてお申込みください。
 http://connpass.com/event/41795/

私もLT発表を予定しています。電子署名入門的な話にもなると思いますので初めての方でも是非お気軽にご参加ください!無料です!
2016-10-06 22:01:11 - miyachi - 2 コメント - コメントを書く - [業務連絡] - この投稿をtweetする!