2008-07-22

WAVE あの時代2  [by miyachi]

出るかどうか危ぶまれていた、友人の某店主が監修をしているTHE SEIJI先生の漫画「WAVE(ウェーブ) 第2巻」が何とか無事に先週金曜日に発売!金曜日の外出帰りに前回も1巻を購入した書泉ブックタワーへ。新刊コーナーへ行って平積みしていないのはすぐに確認できたので、書棚に並んでいる1冊しか置いていない新刊のところを丹念に探す。やはり1冊だけ置いてあった(^^;; やっぱりマイナーなんかなぁ…面白いのに。と言う事でめでたく2巻をゲット。

その夜早速読む。う~んエロ成分が増えてますねえ(^^; あと途中でストーリーに何年もブランクがあったりするのは、掲載紙が変更になったり色々あった為かな? ただ1巻を読んでいて3人が力を合わせて頑張るのかと思ったら思惑や恋も絡んでバラバラに。IT業界らしくそれぞれに浮沈を繰り返しながらストーリーが進んで行くらしい。IT業界にいる側からするとそれはそれでリアルな感じで面白いです。そうなんだよなあ同じような事を考えて指向していても結局はうまく行かない事って結構多いです。でも完全に離れるわけでは無く時にはまた一緒になったりするんです。

って何か本論と違う方向に話が進んだので元に戻しましょう。今回は先にも書いたけど後半では数年が経過してDOS/V機やMacが出てきます。矢部くんがDOS/V機のパーツ調達で香港に行く話なんかが出てきます。実は私もこの時期に香港にDOS/V機を買いに旅行に行ってます。九龍じゃ無く普通の電脳街でしたが。当時はDOS/V機を秋葉原で買うと20万円くらいしていたのが、香港までだと旅費で7万円くらいの上にDOS/V機が10万円くらいで買えたのでした。食費なんかを入れると20万円くらいになりますが、タダで香港旅行できるようなもので雑誌なんかでも香港DOS/V購入記みたいな特集があったりしました。転職をするタイミングで1ヵ月休みを取ったので、単に香港旅行をしたい友人と2人で買出しに行きました。その友人もパソコンショップであまりの安さに1台購入してしまい、帰りは2人で手荷物としてDOS/V機を下げて飛行機に乗りました(笑) たしかCPUのスペックは386DX2の66MHzくらいだった気がします。香港のショップでは拙い英語で店員と会話しましたが「何で日本人は香港まで買いに来るんだ?」などと不思議がられていましたねぇ。なお当時の香港DOS/V機は5インチフロッピーがAドライブになっているので、その辺りは3.5インチをAドライブに変更する程度のハードの知識は必要でした。あと当時はパーツを指定して注文すると翌日に組み上げられたPCを受け取れると言うシステムでした。1台1台手作り感覚ですね。受け取りに行くとテストプログラムが実行されていましたね。

ああ…また話題がずれて来ている(^^;; などと懐かしく読んでいてふと思ったこと。細身の矢部くんはTHE SEIJI先生っぽい外見。太った堀川は顔はホリエモンだけど体系は監修の某店主?ふと原案者名を見ると「藤村ZEN」。ZENって事はひょっとして繕(ぜん)のモデルってこの原案者?今度某店主に聞いてみよう。と言う事でこれまたロートルな皆さんには懐かしい内容でした。ああ3巻は無事に出てくれるのだろうか?不安だ(^o^;;

2008-07-22 12:32:10 - miyachi - [神保町] -

コメント一覧

コメント無し

コメントを書く


hint: "LangEdge"